FC2ブログ

記事一覧

長年の炭水化物の摂取が血管にダメージをきたします。

「飽和脂肪酸の蓄積が血管にダメージ」。今日から某タブロイド紙に連載のようですね。(^^; 

この記事を否定しておきますが、飽和脂肪酸の蓄積が血管にダメージを来したわけではなく、長年の炭水化物の摂取が血管にダメージを来します。

1945年が終戦です。1954年ぐらいまでの高度成長期以前は、和食中心の食生活。それまで日本人の平均寿命は50歳ぐらいでした。

この和食中心の食生活が脳卒中を来たし、平均寿命が伸びませんでした。要するに動物性タンパク、動物性脂肪の摂取不足かつ食塩の多い漬け物が脳卒中の原因です。


1954年からの高度成長期以降、食の欧米化によって、動物性タンパク、動物性脂肪の摂取が増えてから、脳卒中が減って、平均寿命がぐーんと伸びました


しかし、動物性タンパク、動物性脂肪の摂取+炭水化物の6割摂取は、糖尿病の発症や動脈硬化の進行で、心血管系の病気を来たし問題となりました。


動物性タンパク、動物性脂肪の摂取と炭水化物6割摂取のどちらがいけないか? → ご存じの通り、炭水化物6割摂取です。

飽和脂肪酸の蓄積が血管にダメージ? 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。