FC2ブログ

記事一覧

糖質は過剰が問題なのであって、糖質は制限すればするほどケトン体がでて素晴らしいわけではありません。

糖尿病患者さんが治療のため糖質制限することに否定しません。
当院でも治療のために糖質制限指導はしています。
糖尿病学会が推奨する今の食事法にも、問題は山積みなのですから。

検査所見を掲載します。
1日60g前後の糖質制限によって、アルブミン尿、蛋白尿が改善します。糖尿病の薬は処方していません。

糖質制限が糖尿病性腎症に効く機序は、最近の私のタイムラインに投稿しています。ケトン体は結果的に出ているだけであって、ケトン体が良くしているわけでもなんでもありません。

糖質は過剰が問題なのであって、糖質は制限すればするほどケトン体がでて素晴らしいわけではありません。


糖質を制限しすぎて体調崩す人います。気を付けましょう。

検査所見の掲載は患者さんの承諾済みです。
糖質制限とアルブミン尿
関連記事

コメント

No title

ダイエットとしての糖質制限の劇的効果を期待する人ほど「糖質を制限すればするほど早くケトーシスになれる」「ケトン体は体脂肪が燃焼した証拠である」「よってケトン体が多く検出されればされるほどいい」という思考になってしまいます…。

以前も質問させて頂きました。
甲状腺機能のせいか、中々体調が優れません。
糖質制限から、今は夕食のみ普通にご飯130gほど一杯食べるように糖質摂取を意識しているのですが…私の場合、甲状腺機能亢進症のような症状が出ます。
ホルモンが出過ぎ?のせいか、顔付きが男らしくなり毎日抜け毛が酷く、夜も体が暑くて中々寝付けず不眠気味です。
この甲状腺機能亢進症も、低下症同様に糖質摂取で改善されるものでしょうか?
コレステロールが、低いのが原因?と考えて良いのでしょうか。

今の糖質で足りなければ、朝にヨーグルト、昼にバナナ1本などを摂取しようか考えています。

本当は、血液検査等が出来れば良いのですが、遠方なため…
郵送での受付等はしていないでしょうか。

色々質問してしまい、すみません。
ご教授頂けましたら、幸いです。

メタ坊様

> ダイエットとしての糖質制限の劇的効果を期待する人ほど「糖質を制限すればするほど早くケトーシスになれる」「ケトン体は体脂肪が燃焼した証拠である」「よってケトン体が多く検出されればされるほどいい」という思考になってしまいます…。

長期的なケトーシスは、ステロイドの長期投与と同じような結果をもたらします。つまり、短期的には良いが、長期的には耐糖能異常、糖尿病になりやすくなり、骨がもろくなり、内臓脂肪が蓄積したり、代謝が低下し、炎症を惹起しやすくなります。

みかん様

> 以前も質問させて頂きました。
> 甲状腺機能のせいか、中々体調が優れません。
> 糖質制限から、今は夕食のみ普通にご飯130gほど一杯食べるように糖質摂取を意識しているのですが…私の場合、甲状腺機能亢進症のような症状が出ます。
> ホルモンが出過ぎ?のせいか、顔付きが男らしくなり毎日抜け毛が酷く、夜も体が暑くて中々寝付けず不眠気味です。
> この甲状腺機能亢進症も、低下症同様に糖質摂取で改善されるものでしょうか?
> コレステロールが、低いのが原因?と考えて良いのでしょうか。
>
> 今の糖質で足りなければ、朝にヨーグルト、昼にバナナ1本などを摂取しようか考えています。
>
> 本当は、血液検査等が出来れば良いのですが、遠方なため…
> 郵送での受付等はしていないでしょうか。
>
> 色々質問してしまい、すみません。
> ご教授頂けましたら、幸いです。

コメントありがとうございます。
個別の対応は、ブログのコメント欄では限界があります。
お近くの病院で検査してみたらいかがでしょうか?
もし東京に寄る機会がありましたら、是非、金曜日なら四街道徳洲会病院、それ以外の曜日なら小倉台福田医院に御来院ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。