FC2ブログ

記事一覧

糖尿病の眼の合併症である糖尿病網膜症に糖質制限が有効です

当院follow中の糖尿病患者さん。10年前より糖尿病あり、最大HbA1c10台。治療したりしなかったりでした。

当院で眼底検査をしたところ、糖尿病の眼の合併症である、単純網膜症の所見がありました。

単純網膜症は、硬性白斑(血液から染み出したタンパク質の跡)や点状出血の所見がみられます。

適切な血糖コントロールをすれば、単純網膜症は治すことができます。

当院で1日100g未満の糖質制限と、たまーにSGLT2阻害薬を内服し1年後、硬性白斑と点状出血が消失しつつあり、糖尿病性網膜症が改善中です。

糖質制限のメリット、デメリットを知っていただくことは大切です。
糖尿病網膜症の改善症例
関連記事

コメント

No title

私が糖質制限とMEC食に興味を持った入口はダイエットだったのですが(カロリー制限によるリバウンド体験から)、過度の糖質制限にも問題があることを知りました。
そうなりますと福田先生がダイエット指導をされるとき、柱になるご指導はどういうメソッドでいらっしゃるのでしょうか。

No title

硬性白斑と書いておられますが、軟性白斑です。
単純糖尿病網膜症ではなく、前増殖糖尿病網膜症です。
周辺部網膜の観察はされているのでしょうか?
周辺部はもっと大変なことになっているかもしれません。

メタ坊様

> 私が糖質制限とMEC食に興味を持った入口はダイエットだったのですが(カロリー制限によるリバウンド体験から)、過度の糖質制限にも問題があることを知りました。
> そうなりますと福田先生がダイエット指導をされるとき、柱になるご指導はどういうメソッドでいらっしゃるのでしょうか。


コメントありがとうございます。
個人の趣味趣向、病気等によってダイエットの指導内容も異なります。
健康的なダイエットを目指すなら、二糖類を含んだ糖質摂取は必要です。

眼科医様

> 硬性白斑と書いておられますが、軟性白斑です。
> 単純糖尿病網膜症ではなく、前増殖糖尿病網膜症です。
> 周辺部網膜の観察はされているのでしょうか?
> 周辺部はもっと大変なことになっているかもしれません。

コメントありがとうございます。
この症例は、眼科医の診察を定期的に受けています。

No title

患者さんのMノルさんですが脂質の摂り過ぎではないですか。
一日一個のハーゲンダッツに豚骨ラーメン?これは福田先生の指導でしょうか?
福田先生は以前一日2個のハーゲンダッツを推奨していました。豚骨ラーメンも勧めていたと思います。Mノルさんの食事は福田先生の影響か指導だと感じますが、MEC食で太ったならあきらかに脂質が原因です。
MEC食で太ったと本人にも自覚があり脂肪が増え筋肉が減っていた、と。

数年前フォーミさんというブロガーがMEC食を試したところ閉経していたのに不正出血があったと報告していました。たしか50代半ばの女性だったと思います。
過剰な脂質は性ホルモンを乱します。

今心配なのは産まれた時からMEC離乳食やMEC食で育てられた子供の過剰脂質による性ホルモンの乱れです。早すぎる初潮は社会生活に於いて不便など本人の生活の負担にもなります。性的な視線にも早いうちから晒され危険も伴うかもしれません。

先生は今でも娘さんのおやつに、チキンラーメンに豚皮をたっぷり乗せた物やハーゲンダッツをおやつとして出しているのでしょうか。

プチMEC食でも過剰な脂質には変わりないと思います。

トレーニーさんへ

Mノルって私のことかな?
ブログ書きましたので、ご覧下さい❤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。