FC2ブログ

記事一覧

オリーブオイルは、どうなの? と、よく質問されますが、その答えは・・・

「自宅でどんな油を使ってますか?」と尋ねると、健康に気を使ってる人なら「オリーブオイルです」と答える方が多い。オリーブオイルには健康というイメージがあります。

糖質制限で有名な江部先生のブログを見ても、オリーブオイルを推奨しています(^^;

 

オリーブオイルの主成分はオレイン酸です。オリーブオイルの70%~80%はオレイン酸が占めています。オレイン酸は体内でも合成できる脂肪酸でとくに良し悪しはありません

 

オリーブオイルが健康に良いというのは、リノール酸の含有成分が10%程度と少ないというのもありますが、それよりもオリーブオイルを搾ったときにでてくる微量成分にビタミンや、抗酸化力のあるポリフェノールが豊富に含まれているからです。  

 

しかし、この微量成分は裏を返せば、未知の微量成分も入っているので、オリーブオイルの問題点でもあります

 

あくまで動物実験ですが、オリーブオイルを動物に投与すると、発がん作用、脳出血を促進する作用があります。ただし、人については今のところそのような報告例はありませんが、今後、人でも報告例がでるかもしれません。

 

一方で、動物性脂肪(ラード、バター)を動物に投与した場合、オリーブオイルのような発がん作用、脳出血を促進する作用は確認されていません。動物性脂肪を人が積極的に摂ると、脳梗塞、脳出血の予防効果が確認されておりプラスのメリットがあります。

豚肉、ラードをたくさん食べていた昭和の沖縄人は、長寿で脳梗塞が少なかったのでした。

動物性脂肪の方が、植物性脂肪より人への健康、長寿が確認されています。

 

地中海の人は心臓病が少なく長寿なのは、オリーブオイルを摂っているからだとする報告もありますが、地中海地方では魚介類が多く食べられているので、魚介類の摂取が長寿の原因とも考えられます。

 

オリーブオイルの問題点はもう一つあります。偽装されたオリーブオイルが市場に出回っているということです。

エクストラバージンオリーブオイルという言葉をご存知だと思いますが、一切の化学的処理をせずに、オリーブの実を物理的に搾っただけのオリーブオイルをエクストラバージンオリーブオイルと呼んでいます。オリーブオイルを使用するのであれば、健康に良いエクストラバージンオリーブオイルを使用したいと思うのが人の心理です。しかし、このエクストラバージンオリーブオイルは、偽装されていることがあります。商品のラベルを見ただけではわからず、不純物が多く含まれたオリーブオイルが、「エクストラバージンオリーブオイル」として販売され、日本にも出回っているのです。

 

2016年2月イタリアでオリーブオイルの偽装問題が発覚しロイターで報道されました。こんなの氷山の一角だと考えたほうが良いと思います。

 

オリーブオイルのポリフェノール、抗酸化作用が良いというなら、卵は抗酸化作用の固まりです!

オリーブオイルのビタミンが豊富というなら、肉、卵、チーズにもビタミン、ミネラルが豊富にあります! 

 

エクストラバージンオリーブオイルだと思って買ったら、実は単なるオリーブオイルをつかまされることも・・粗悪品のこともありますよ。


結局、オリーブオイルはどうなのか? 

リノール酸の含有成分が少ないという点では評価できますが、未知の微量成分や粗悪品もあることから、私の答えは、オリーブオイルは少量にとどめていた方が良いです。


動物性脂肪を摂取した方が断然、メリットが大きいですよ(^^)


http://jp.reuters.com/article/olives-idJPKCN0VD0DK

偽装オリーブオイル 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。