FC2ブログ

記事一覧

湿潤治療とMEC食の組み合わせは、やけどや傷の治療に最適です。

上肢やけど 熱湯で左上肢、左胸部、左下肢を熱傷(やけど)し5日後に当院受診された患者さんです。そのあいだ、他院でラップによる湿潤治療されていましたが、他院では手に負えないということで、当院を受診されました。

湿潤治療の継続とMEC食(肉、卵、チーズ)を食べていただきました。お肉は200g以上、卵は3個以上です。10日間で上皮化し、ここまできれいになりました。

必要な栄養素(蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラル)をしっかり摂ると皮膚は劇的に良くなるのですから、アトピー性皮膚炎のような皮膚疾患にも必要な栄養素を摂取することが必要なのです。


必要な栄養素とは、リノール酸の入っている植物油を控えにして、動物性脂肪とMEC食(肉、卵、チーズ)です。



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。