FC2ブログ

記事一覧

やけど、傷の治療には湿潤治療とMEC食(肉、卵、チーズ)が有効です

小倉台福田医院 診療日誌 


30代女性 ウインナーをフライパンで炒めていたら、フライパンの油が右手にかかって熱傷受傷(やけど)し、その2日後に当院受診された患者です。(ブログ掲載承諾済み)

 

やけどは浅い2度熱傷です。水疱を伴った焦げた皮膚を剥がして、水洗いし湿潤処置。そして肉、卵、チーズ(MEC食)を積極的に食べるように指導しました。10日間で皮膚は上皮化しほぼ完治です。

標準的な処置だと浅い2度熱傷でも3週間から4週間ぐらいかかり、痕も残ることがあります。湿潤治療ですと2,3週間で治ります。痕は残りづらい。さらに栄養のアプローチをすると、もっと治りが早い。

 

当院はやけど治療に湿潤治療と食事療法の2つの方向からアプローチをしています。すると治りが早くなり、傷がきれいになります。

 

皮膚の再生には、4つの必須栄養素(タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)が必要です。

タンパク質と脂質は皮膚の材料です。そして、その材料をもとに主に亜鉛、鉄、ビタミンCが関わって皮膚の細胞分裂、コラーゲンの生成がおこなわれ、皮膚が再生します。

 

ビタミンCを除く、タンパク質と脂質、亜鉛、鉄は肉、卵で摂れてしまいます

MEC食を積極的に食べてもらうと良いということです。

ビタミンCは、葉物野菜を中心に摂ると良いと思います。もちろん必要な方にはビタミンCの薬を飲んでもらうこともあります。

 

やけど、傷の治療には湿潤治療とMEC食が有効です(^^)

やけど治療は湿潤治療とMEC食 

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。