FC2ブログ

記事一覧

トレーナーから高タンパク、低脂質を指導されたのですが・・・

MEC食外来 診療日誌 (ブログ掲載了承済み)

 

30代女性 主婦 腰痛、膝痛、脂質異常症

これまで、1日に肉800g+ご飯+果物を摂っていた。腹部膨満感あった。

 

4月より腰痛、膝痛でスポーツ整体に通い始める。腰、膝に負担かけないで、筋肉を鍛えるには食事が重要と言われ、トレーナーからMEC食を勧められる。

 

トレーナーから「肉を摂ること、カロリー制限はすること。脂は控えめに」と指導され、

457kg954kgに減少

しかしMEC食してから、以前より肉の摂取量が減ったこと。口内炎と便秘になる。

今の食事内容で良いのか不安になり、MEC食外来受診。

 

MEC食の内容

1日つき、肉150g、卵3個から5個、チーズ100g程度摂取

糖質はほとんど摂っていない。

肉の脂は意識して食べていない

トイレは3日に1回程度になるときも。

 

患者さんへの私の指導

MEC食は、動物性脂肪の積極的な摂取を推奨しています。糖質を控えたときのエネルギー源が、動物性脂肪だからです。お肌に潤いがでて、きれいになります。腸内環境が良くなります。

糖質を控えたときのMEC食はカロリーを気にする必要がありません。動物性タンパク質と動物性脂肪を積極的に摂ること。

糖質を控えてMEC食すると便量は減ります。

 

四街道徳洲会病院 MEC食外来は完全予約制 保険診療 一人30分です。

ご予約はこちらの電話番号043-214-0111

MEC食は動物性脂肪推奨 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。