FC2ブログ

記事一覧

食物アレルギーについては、いろいろな誤解があります。

一部の保育園で卵や乳製品のアレルギー除去食を児童全員に提供しているころがあります。

 食事を作る側の手間や卵、乳製品の混入を防ぐための予防策のようです。

 

最近、卵、乳製品によるアレルギーの子どもが増えてきたので、そうせざるをえないとのことでした。それを悪いと言っている訳ではありません。食物アレルギーについては、いろいろな誤解があります。

誤解① 食物アレルギーを血液検査(IgE検査)だけで診断することはできません。

誤解② IgE抗体陽性であっても、実際は、食べられることがほとんどです。

 

食物アレルギーを疑っている場合、しっかり診断をつける場合は、実際に食べてその反応を見る食物負荷試験が必要です。

 

下記の食物経口負荷試験実施施設一覧のサイトがあります。こちらで検索してください。

http://www.foodallergy.jp/

 

 

口周囲のかゆみ、皮膚のかゆみなどの症状が出ても、呼吸困難などのアナフラキシーを起こすものでない限り、症状が出た量の1/4くらいから毎日食べさせて徐々に量を増やすと、食べることができるようになります。

 

基本的に食べなければ食物アレルギーは治りません。アナフラキシーの既往があれば入院して食べさせて治す経口減感作療法を行います。

皮膚からアレルゲン(アレルギーの原因物質)が侵入するとアレルギーは増悪しますので、食べる前に口の周りにプロペトかワセリン、ラードを塗ってバリアーすることが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の子どもは食物アレルギ-が関与しているとされていますが、実は、アレルギーだから、アトピーになったのではなく、生後まもなくから、または胎児のときから必要な栄養素が摂れてなくて肌が弱く、バリアー機能が破綻しアトピー性皮膚炎になり、その破綻した皮膚から食物アレルゲン(アレルギー原因物質)が体内に入って、食物アレルギーになったのです。つまり、アトピーに合併する食物アレルギーは、原因ではなく結果です

上記にも書いたように原因となる食物を食べなければ食物アレルギーは治らないということです。

乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人は、体に必要な栄養素(肉、卵、チーズ)を食べてほしいですね(^^)

食物アレルギーの新しい概念 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田世一

Author:福田世一
FC2ブログへようこそ!
これまで透析専門医や腎臓内科医として診療に携わっていましたが、2012年4月千葉市若葉区にクリニックを開業。内科だけでなく外科、整形外科、小児科、皮膚科に対応し、MEC食(肉、卵、チーズ)でトータルにケアする総合診療医を目指しています。